専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

支えられている私

2016年6月27日

 元RKBアナウンサーの林田マスさんが、ある老人クラブでのセミナーで、参加者に次のようなことをしてもらったそうです。まず、自分が持っている財産といえるものを紙に思いつくだけすべて書いてもらい、その中で「失いたくないが無くても生きていけると思うもの」、「嫌だが失っても仕方ないと思うもの」を順番に消していってもらったそうです。すると紙に残ったものはみんな共通して、「夫、妻、子、孫、肉親、友人」など人間を意味する言葉ばかりだったそうです。

 つまり、私たち人間は、人無くしては生きていけない存在ということです。多くの人に支えられている私ということです。その事実を知ったならば、おのずとそれらの人々への感謝の念が起こってきます。

 そのことを子ども達に少しでも感じてもらうために、園では毎年勤労感謝の日に給食の食材を納めて下さっている業者さんや、地域の交番のおまわりさん、病院の先生など、日頃お世話になっている方々に園児と一緒に日頃の感謝を込めて花束を届けにいっています。

 専城乳児保育園では、子ども達の「ありがとうの心」を育んでいきたいと思っています。

 

 

このページの一番上へ