専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

保育参観・給食試食会

2017年11月22日

 先日(11/11)専城乳児保育園では、保育参観・給食試食会を開催しました。各クラスとも一人ひとりの子ども達の発達段に充分配慮しつつ、今クラスの子ども達が興味あるもの、大好きなものを取り入れて保育計画を立てていました。

 すみれぐみは、“入れる”“取り出す”“引っ張る”“並べる”などの微細運動と、“ハイハイ”“ずり這い”“歩く”“くぐる”“乗り越える”などの全身を動かして探索活動を楽しむことを「ねらい」として保育を行いました。

 ちゅーりっぷぐみは、子ども達が最近お友だちと同じ場所、同じ玩具であそぶ楽しさを味わえてきていることと、絵本の読み聞かせで、子ども達がお気に入りの言葉や動作を一緒に表現してよく楽しんでいることから、劇ごっこあそびで、保育士やお友だちとの言葉のやりとりを楽しみながら表現し、その後保護者の方と好きな玩具で一緒にコーナーあそびを楽しみました。

 ひまわりぐみは、芋ほりと焼き芋大会を経験して、子ども達がサツマイモに大変興味を持っていることと、「もったいないばあさん」の絵本で、物を大切にする心が芽生えている現状を保育に取り入れて、子ども達がさつまいもともったいないばあさんに扮する劇あそびをしました。

 職員それぞれが、色んなアイディアを出し合い、チームワークをしっかりとりながら、子ども達にとってひとつの大切な経験の場となる様に保育参観へ向けて準備を進めてきました。保護者の皆さんも子どもさんの家庭での日頃の姿とは違った保育園での様子を観られて大変満足されていました。

 保育参観の後は、給食試食会を催しました。園長の私が言うのもおかしなことですが、専城乳児保育園の調理の先生方の作られる給食は本当に美味いです。検食のつど実感しています。試食会では、子ども達は勿論のこと、保護者の皆さんも「美味しい、美味しい」と間食されていました。(希望者の方にはお代わりもして頂きました)

 また、ご家庭でのお子さんの食事の参考として頂く為に、当日の献立のレシピと離乳食のすすめ方のめやすを書いた表(すみれぐみのみ)も配布しました。

 保護者の皆様のご協力により良い保育参観・給食試食会が開催することができました。本当にありがとうございました。

このページの一番上へ