専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

運動会を開催しました

2018年9月17日

 専城乳児保育園では、さる9月15日(土)に北方小学校の体育館をお借りして、運動会を開催しました。

 子どもたちは、いつもと違って広々とした体育館で、しかも大勢のご家族の皆さんがみえられていたので、ちょっぴり緊張しながらも、元気一杯にかけっこや、体操あそび、表現あそびなどで体を動かしていました。

 日頃から各クラスとも一人ひとりの発達の段階に応じた運動あそびなど、様々なことに取り組んできました。

 専城乳児保育園の運動会は、その日頃の取り組みの成果や、子ども達それぞれの発育を保護者の皆様と共に喜ぶ場であると考えています。人より速かったとか、上手に出来たとかは二の次です。

 それよりも、小さな子ども達が、大勢の人の前で、今自分が出来る動きを楽しく元気に精一杯チャレンジしたことが大切なのです。保護者の皆さんも、あんな事が出来るようになった。こんなことも出来るのかと、わが子の確かな成長をきっと感じられたことだと思います。

 中には、お父さん、お母さんの姿を見て、ちょっぴり里心が出て泣いてしまったお友だちもいましたが、それも子供らしさと受けとめていただきたいと思います。

 運動会という大きな行事を体験することを通して、子ども達はまた一回り大きくなったと思います。

 また、保護者の皆様の子ども達への温かい眼差しとご声援によって、子ども達も嬉しい気持ちで最後まで楽しく運動会に取り組むことが出来たのだと思います。

 今回の運動会では、その「保育のねらい」である「みんなと一緒に体を動かす楽しさを知らせ、最後まで喜んで運動会に参加する」ということが、充分に達成することが出来ました。本当に有難うございました。

このページの一番上へ