専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

絵本大好き

2019年2月24日

 園では、毎週絵本の貸し出しを行っています。金曜日に一冊絵本を借りて、お家の方に作ってもらった絵本袋に入れて持って帰り、翌週の火曜日に返却してもらっています。

 子ども達は、絵本を借りられる日が楽しみなようで、自分の絵本袋を持って、お迎えにこられたお家の方と嬉しそうに絵本を選んでいます。

 お母さんが「どれにする?」と聞くと、「これ」とすぐに借りる本を決める子もいれば、本棚の前に座り込んで、「今日はこれにするのね?」「う~ん、やっぱりこっち」、「これでいいの?」「いいの」と、お家の方とやりとりをしながら、あれこれと悩んでなかなか本を選べない子もます。

 そんな子ども達も、借りる本が決まると、自分で袋に本を入れてニコニコしながら持って帰っています。

 きっと家庭では、自分でページをめくってみたり、お家の方に読んでもらったりして絵本を楽しんでいることでしょう。お気に入りの本になると、子ども達は、何度も繰り返し借りて見ています。

 毎週の絵本の貸し出しを通して、自分のお気に入りの本が見つかるといいですね。絵本は、私たちにお家の方の膝の上に抱っこされながら読んでもらうなど、とっても素敵な親子のスキンシップを与えてくれます。

 また、乳幼児期にしっかり絵本の読み聞かせを子どもにしてあげることは、子どもの興味、情緒的発達、想像力を刺激し、創造力や言語能力を育むことも各種の研究から解っています。

 専城乳児保育園のお友だちには、これからも貸し出し絵本を積極的に利用して、ますます絵本を大好きになってもらいたいと思っています。

このページの一番上へ