専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

節分を楽しみにしています

2020年2月3日

 園では、2月3日に節分の行事が行われます。各クラスとも、節分に向けて鬼の出てくる紙芝居や絵本を見せたり、「豆まき」や「鬼のパンツ」の歌を歌ったりして、事前に節分のことを子ども達に教えてきました。
 その他、ひまわり組(2歳児)では、紙の皿に赤、青、黄色の色紙で作った目、鼻、口のパーツを貼って、鬼のお面の制作も楽しみました。
 ちゅーりっぷ組(1歳児)では、同じく鬼のお面の制作や、紙ボールで豆まきの練習をしたりしていました。
 すみれ組(0歳児)は、「鬼のパンツ」の曲に合わせて体を動かしたり、ダンスをしたり、保育士と一緒に角のあるかわいい帽子にスタンプ(たんぽ)を押したり、かな棒にシールを貼ったりして制作を楽しみました。
 どのクラスも節分に向けて準備が出来ています。子ども達の様子を見ていると、ちょっと怖いけど2月3日が待ち遠しいようです。
 ひまわり組のお友達の間では、「鬼がくるかなぁ?」「赤鬼かな、青鬼がいい」「こわーい」「やっつける」など、節分についての話がはずんでいます。
 当日は、お友達それぞれが、自分の中の“泣き虫鬼”“おこりんぼ鬼”などの弱い心を豆まきで退治して、心も体も健やかに成長してくれるように願っています。

このページの一番上へ