専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

もうすぐ音楽祭

2020年2月10日

 今年度卒園するお友達が出演する音楽祭が、もうすぐやって来ます。北九州芸術劇場(大ホール)で演奏することが出来るという貴重な体験をする子ども達。大きな緞張が上がったその向こう側には、大勢の人、人、人…。緊張もし、胸もドキドキすることでしょう。
 この日に向けて子ども達は、保育士と一対一でしっかり練習をしてきました。合同演奏の時でも、各パートの楽器をリズムに合わせて上手に演奏していました。
 専城乳児保育園では、0歳の時から毎月音楽の専門講師の指導のもと、うたを歌ったり、色んな楽器に触れたり、生演奏を聴いたりして、自然と音楽に親しんできました。

 そのベースがあるからこそ、未満児でも無理することなく音楽祭に参加することが出来るのだと思います。きっと当日は、大きなステージでも怖がることなく元気いっぱいに演奏してくれると思います。
 音楽祭に参加する目的は、決して上手に演奏することではありません。園では音楽祭に出るまでのプロセスを大切にしています。
 そこでは、今まで出来なかったことが出来るようになる達成感や、みんなで力を合わせて一つのことに取り組む協調性。音楽そのものを楽しむ喜びや好奇心など子ども達を成長させる様々なものがあるのです。
 みんなで楽しく演奏するという目標に向かって今までがんばってきたお友達に園長として拍手を送ります。
 音楽祭当日は、体調を崩すお友達が出ずに、全員が無事に参加できることを願っています。

このページの一番上へ