専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

夏野菜が立派に実りました

2020年6月24日

 4月に園庭に植えた夏野菜が、日差しを浴びて順調に成育してきました。大きく実ったキュウリや、今年初めて栽培に挑戦したジャガイモも、掘り起こしてみると大小さまざまな形にたくさんなっていました。
 日ごろから野菜の成長を興味深く見守っていた子ども達も、豊かに実った野菜たちに大喜びです。
 収穫した野菜は、給食の味噌汁などの具に使って、みんなで美味しく頂きました。子ども達にとって野菜の栽培は、自分たちがいつも食べているものがどの様に出来てくるのかを知ると共に、みんなでお世話した食材を美味しく楽しく食べる体験を通して、 “食”に対する興味を刺激する大切なものです。
 さらに、年長さんの後期になると、食材それぞれの栄養についても知らせていきます。
 また、栄養面、健康面のみならず、専城乳児保育園での食育の目指すところは、食べるということは、多くの「いのち」をいただくことだということ。その多くの「いのち」に感謝する心を育むことです。

 そして、それらの食育を通して、食べることで命を繋いでいるすべての生き物にも思いやる気持ちを持ってもらいたいと願っています。

このページの一番上へ