専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

台風10号による休園

2020年9月15日

 先日の台風10号は、当初の予想より発達せずに、想定された暴風雨、河川の氾濫、土砂災害等の甚大な被害を免れることができたことは幸いでした。

 数日前からの気象庁職員による台風の進路・発達予想と、それに伴い大きな災害を想定して、該当地域民への避難準備の勧告が繰り返し報道されていました。

 その気象庁職員の緊迫した様子からも、事の重大性がよく伝わって来て、不安な気持ちになったのは、私だけではないと思います。

 この様な大きな台風の時は、避難情報発令(大雨・洪水・高潮・冠水・土砂災害等)時の対象施設は、臨時休園してよいと決められています。

 当園は、少し高台にあり、平地ですので、ハザードマップでも冠水・土砂災害等の危険のない安全な場所にありますので、避難情報発令時の対象施設とはなっていません。

 その為、台風でも休園とはなりませんので、いつも園児はもちろんのこと、通勤時の職員の安全の確保に大きな不安を抱いておりました。

 しかし、今回は、普通とは違う巨大な台風の接近の為、事前に保護者の皆さんに月曜日の出欠を確認したところ、ほとんどの園児が欠席とのことでした。

 皆さんのご協力でひとまず通勤時の職員の安全確保の目途が立ち、安心しておりましたら、土曜日の遅くに市より「月曜日は市内全園休園とします」との通知がありました。

 過去に全園休園ということは、私も経験がありませんでしたが、大きな災害が予想される中、行政が適切な判断をして下さり、本当に安堵しました。

 この度は、休園でご迷惑をおかけしましたが、皆様のご協力に改めて感謝申し上げますとともに、台風10号で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

このページの一番上へ