専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

お散歩に行ってきました

2020年10月13日

 爽やかな秋晴れが続く心地よい季節に、ひまわり組のお友達とお散歩に行ってきました。

 保育士たちは事前に、2歳児の体力にあった距離、安全性の確保等を検討しながらお散歩のコースを決めました。

 その後、主任とクラス担任が実際にそのコースを歩いてみて、危険な箇所がないか、注意する場所はどこかなど、入念に下見をして周りの状況を確認しました。

 また、ひまわり組のお部屋でテープを床に貼って横断歩道を作り、保育士が信号や車になって、子ども達と楽しみながらお散歩の予行演習もしました。

 子ども達は、歩道に見立てたところを歩き、横断歩道のところまで来ると立ち止まり、信号を見て、「赤は止まれ」「青は進め」だよと保育士から教えられ、右見て、左見て、右見て、車が来てないか、動いてないか確認してから保育士と横断歩道をわたる練習をしました。

 そしていよいよ、モノレールを観にひまわり組のお友達とお散歩に出かけました。みんなは、歩道を歩きながらも周りの見慣れない様子に興味深々でした。

 トラックや郵便車、自家用車が通るたびにみんなは大喜びでした。手を振ったり、保育士に何が通ったか教えてくれたり、指さしたりなど、お散歩を存分に楽しんでいました。

 横断歩道も練習通りに、安全に渡れました。お目当てのモノレールもしっかり見ることが出来たし、みんなは大満足の様子でした。

 全員が最後までしっかり歩くことが出来、「ただいま」と元気に園に戻ってくることが出来ました。

 今後も、楽しみながら交通ルールを子ども達に身につけさせ、安全と体力に見合ったコースを考えて、またみんなとお散歩をしたいと思っています。

このページの一番上へ