専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

郵便屋さんごっこ

2021年2月2日

 先日、ひまわり組のお友達と郵便屋さんごっこをしました。日頃お世話になっている園長先生、給食室の先生や、いつも仲良くしているすみれ組、ちゅーりっぷ組のお友達に「お手紙を書きましょう」と保育士がみんなに誘いました。

 ひまわり組のお友達は、まだ字は書けませんが、それぞれ一所懸命に自分なりの字を書いたり、シールを貼ったりして気持ちを込めたお手紙を作り(?)ました。

 そのお手紙を保育士が制作した赤いポストにみんなで投函しました。

 それから、これまた保育士が作った郵便屋さんの帽子、カバンをお友達に着せて、かわいい、かわいい郵便屋さんに変身してもらって、みんなのお手紙を配達しに行きました。

 すみれ組やちゅーりっぷ組のみんなは、少しびっくりした様子もありましたが、興味深くお手紙を見ていました。

 園長先生は、「まあーかわいい郵便屋さんねー。お手紙をくれるの?有難う」と喜んでくれました。

 その数日後、園長先生、給食室、すみれ組、ちゅーりっぷ組からお返事のお手紙が赤いポストの中に届いていました。

 保育士がポストからお手紙を出して読んで聞かせました。みんな大喜びです。もうすぐ節分ということもあり、最後には、鬼さんから大きな手形のお手紙まで届いていました。

 最近、節分のことや、鬼さんのことをお友達に話していますので、みんなは、ちょっぴり怖いような、楽しみなような様子を見せていました。

 園で、お手紙を出したり、返事を受け取ったりのやりとりを楽しみながら遊んだので、お家でも郵便物に興味を示すかもしれませんね。

このページの一番上へ