専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

水遊びを楽しんでいます。

2021年8月27日

 まだまだ蒸し暑い日が続いています。湿度が高いためなかなか汗も引きません。そんな日は、子ども達にかかり湯をして汗を流しています。また、専城乳児保育園では夏ならではの水遊びもしています。

 水を手でかき混ぜたり、水面を叩いたり、カップで水をすくったり流したりして、子ども達は水の感触を存分に楽しんで遊んでいます。(水温は、その日の気候に合わせて調整しています)

 気温の高い日には、氷も使って遊びました。中にはびっくりした様子の子もいましたが、みんなひんやりとした感触を楽しんでいました。

 その他、穴をあけたペットボトルを使ったシャワーあそびや、魚すくい、絵具を使った色水あそびなど、保育士が子ども達の好奇心を刺激するように工夫しながら水あそびはどんどん広がっています。

 特に年長(2歳児)のひまわり組では、保育士が色をまぜていろんな色に変化するのを不思議そうに興味深く見つめていました。

 それだけに、ひまわり組のお友達の色あそびでは、夢中になって自分で絵具を混ぜていろんな色を作ったり、テーブルから流れる色水をカップで受けて遊んだりして、楽しんでいました。

 色あそびを通して子ども達の創造性が刺激されてているのを感じました。その集中した真剣な表情は、まるで実験中の科学者のような感じすらしましたよ。

 残り少ない夏ですが、もう少しだけ子ども達に水遊びを楽しませてあげたいと思っています。

このページの一番上へ