専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

理念ブログ

積木あそび

2021年9月6日

 専城乳児保育園のお友達は、積木あそびが大好きです。コーナーあそびなどで、いつも楽しそうに積木で遊んでいます。

 先日、興味深い記事を目にしました。一般に、空間認識能力が高い人、つまり物の形やお互いの位置関係を三次元的に考えられる人は、数学の能力が高いと言われていますが、それには幼児期にどれだけ空間的な感覚を獲得するかが重要なのだそうです。

 スイスのバーゼル大学の研究では、幼児期の空間認識能力と学童期の数学能力には強い相関があることが判明し、「保護者らは、子どもの成長に関して言語機能の発達を重視しがちだが、幼児期の空間認識能力の育成も同様に重要だ」ということが解ったのだそうです。

 中でも、積み木遊びは、空間認識能力を高めるのにうってつけで、「大きい」「小さい」「同じ」「上」「下」といった空間的な関係を表す言葉をかけながら、積み木やおもちゃで遊んであげると良いのだそうです。

 お家でも、お子さんと一緒に積木あそびを楽しんではいかがですか。専城乳児保育園では、日々の保育の中で子ども達が持っている無限の可能性を伸ばしてあげたいと思っています。

このページの一番上へ