専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

園のこだわり

~年間目標を振り返って~(すみれぐみ)

2021年3月29日

今年度最後のブログとなりました。

小さな子どもさんが安心して過ごせるように温かい保育を心がけ共に過ごしてきました。

たくさんの笑顔を見ることができ、嬉しく思います。

 

<年間目標>

✿個々に合わせて授乳や離乳食をすすめ、様々な味に慣れる

保護者の方と連携をとりながら、ひとりひとりの様子に合わせてすすめていきました。

ミルクが一定量飲めるようになり離乳食へ進むと、初めは小さなお口で食べていたのが、だんだんと大きなお口を開けるようになり、様々な味に慣れました。幼児食へ進むと手づかみやスプーンを使って自分で食べようとする姿も見られるようになりました。

 

✿安心して眠り、十分に睡眠をとる

保育士に見守られる中で午前睡や午睡をし、安心してぐっすり眠れるようになりました。

 

✿寝返り、お座り、ハイハイ、つかまり立ち、伝い歩きなど、発達に応じた動きを楽しむ

安全に配慮した場所で保育士が見守る中、個々の発達に応じた動きを誘っていきました。

ハイハイや伝い歩き、歩行ができるようになると、子どもさん達は思い思いに探索活動を楽しんでいました。

 

✿保育士や友だちとの遊びを通して人との触れ合いを喜び、又、身の周りの様々な物を見たり聞いたりして興味を持つ

保育士が微笑んで見せると微笑み返してくれることから始まり、「いないいないばぁ」を喜んだり、友達に興味を持ち、近づいて行って顔をのぞき込んだり追いかけっこをしたりする姿が見られるようになりました。又、ベランダや戸外にも出て、季節の風や草花にも触れることができました。

 

初めての保育園生活。子どもさん本人もそうですが、保護者の方も不安があったと思います。

成長の著しいこの時期を共に過ごすことができ、そして一緒に喜び合うことができて、本当に嬉しく思っています。

一年間ありがとうございました。

ご協力感謝しています。

 

 

このページの一番上へ