専城乳児保育園 ~子ども達の「今の気持ち」と「今の発達」に寄り添う優しさを大切にしています。~

園のこだわり

お月見🌕 (ちゅーりっぷぐみ)

2021年10月13日

先月の中秋の名月(十五夜)は、満月でしたね。お月見には欠かせない、すすきとおだんごの製作をしました。

 

すすきは画用紙をビリビリ・・・

紙が少し硬く厚いので、保育士が切れ目を入れたり、手を添えたりしながら破っていきました。

横に引っ張ったり、破れそうなところを探したりと、手や指を使っていましたよ。

     

 

 

おだんごは、月齢の高い子どもさんはのり貼り、低い子どもさんはシール貼りをしました。

のりは、つけた所が分かりやすいように食紅で色をつけました。

 

「いちのゆび」と、人差し指でのりをつけることや、おだんごの全体に塗ること、ひっくりかえして台紙に貼ることなど、ちょっぴり難しかったですが、のりの感触をゆびで感じながらつけていましたよ。

   

 

 

こちらはシール貼り、はがしたり、貼ったりを、指を使って上手にできるようになってきました♪

 

 

 

 

すすきは保育士が貼りました。

保育室がすっかり秋になりましたね。生活や遊びの中で、秋を感じていきたいと思います。

 

  

 

このページの一番上へ